職場で行われる上司・同僚などによるモラルハラスメント、パワーハラスメント(パワハラ)、職場いじめ、精神的虐待についての解説、体験談、アドバイス等

ICレコーダーで証拠を集める

もし、明らかな暴言や誹謗中傷を繰り返し受けている場合には、ICレコーダーを入手して、相手の発言を録音することから始めてください。

今後、訴訟に踏み切るにしても、人事部に相談するにしても、ICレコーダーで記録された証拠ほど、強い味方はありません。私も以前は、受けた発言のメモ取りを勧めていた時期がありましたが、弁護士や人事部にメモを見せても、それほどインパクトはないのが実情で、それほど強い証拠になりません。

今は、ICレコーダーも安いのがありますので、まずは購入しましょう。そして、二人きりになったり、別室に呼び出されるなど、これから何か言われるかもしれない状況になったら、事前に、ICレコーダーで録音を始めてください。

録音することを相手に伝える必要はありません。黙って、ポケットに入れたレコーダーの電源を入れて、相手の暴言を待ちましょう。それが最強の証拠になります。

しかしながら、相手の攻撃が、陰湿なモラル・ハラスメントの場合、発言などの証拠をICレコーダーで録音することは、とても難しくなります。そんな場合にはどうしたら良いのでしょうか?

 

次ページ>> 職場にあなたの理解者を探す

もし、モラハラにあってしまったら
職場にあなたの理解者を探す
ICレコーダーで証拠を集める
訴訟を検討しているあなたへ ~ 管理人の考え方



無料サービス

専門家に相談する

掲載メディア

日経ビジネスマネジメント

読売ウィークリー