職場で行われる上司・同僚などによるモラルハラスメント、パワーハラスメント(パワハラ)、職場いじめ、精神的虐待についての解説、体験談、アドバイス等

職場にあなたの理解者を探す

ハラスメントを継続的に受けていると、集中力を欠き仕事に没頭できません。必然的にミスが多くなります。ミスは同僚がフォローしなければならず、彼らに迷惑をかけるようになります。

そんな状態が続くと、同僚からも、「あいつは使えない。まわりに迷惑ばかりかける。○○さん(加害者)が△△(被害者)を叱るのももっともだ」というようなコンセンサスができてしまうのです。これが一番避けなければならない悪循環です。

この悪循環を断ち切ることが大切です。

そのためには、職場にあなたの理解者を作ることです。モラルハラスメントの加害者は、多くは被害者を孤立化させるという巧みな方法を使うことがあります。それは、権力を利用したものである場合もあるし、うまく周りを言いくるめている場合もあります。しかし、その中でも、あなたのことをわかってくれる同僚、部下、他部署の上司など、を持っていることが大切なのです。

すでに理解者が見つからないほど、職場で孤立してしまっている場合には、集団心理型のハラスメントになっている可能性もあります。このタイプの特徴は、逃げ場所がないために、大きな心身ダメージにつながりやすいことです。職場外でもよいので、中立的に相談できる人を探して下さい。さもないと、いつの間にか、ひどく追い込まれてしまうかもしれません。

モラル・ハラスメントは、被害自体が他人から見たら微妙すぎるので、愚痴を吐くのが難しいところなのですが、信頼できる理解者を探してください。必要があれば、専門家(カウンセラー)のところなどに同行してもらい、専門家から説明してもらうことも有効かもしれません。

 

次ページ>> “>訴訟を検討しているあなたへ ~ 当サイトの考えかた

もし、モラハラにあってしまったら
職場にあなたの理解者を探す
ICレコーダーで証拠を集める
訴訟を検討しているあなたへ ~ 管理人の考え方



無料サービス

専門家に相談する

掲載メディア

日経ビジネスマネジメント

読売ウィークリー