職場で行われる上司・同僚などによるモラルハラスメント、パワーハラスメント(パワハラ)、職場いじめ、精神的虐待についての解説、体験談、アドバイス等

ハラスメント加害者タイプ ~ メンタル不全型

一般的特徴

● 過度に相手を理想化したと思えば、突然に執拗に無視するなど、一貫性のない行為が目立つ
● 普段の言動も一貫性に欠け、周囲が振り回されることが多い
● 自傷行為、性的逸脱などの傾向がみられる場合がある

メンタル不全型は、性格や習慣だけでは説明できないモラル・ハラスメントであり、加害者が、なんらかの精神的・神経的不全をかかえているケースです。

これらのメンタル不全型加害者の行動の背景には、躁うつ病、ADHD、強迫神経症や、境界例(ボーダーライン)と呼ばれる人格障害が潜んでいることがあります。

このような事例においては、一般の個人では積極的な相手への働きかけは困難であり、なるべく加害者と接触を避ける、ハラスメント行為を受け流すなどの工夫が必要となります。

周囲から心身を気遣う声かけをしてもらうなどして、病院の受診を勧めてもらうことも大切ですが、下手にアプローチすると、感情の不安定さから、怒りが増幅してしまうこともあります。。

※ なお、タイプ分析は、精神科医でない一般個人が相手を診断したり、タイプを決めつけたりするためのものではありません。あくまでも、加害者に対するアプローチを考える上での目安であり、 不用意に、周囲に「あの人は○○型」などと吹聴することは、決してしないでください。

次ページ>> 集団心理型

困った「あの人」はどのタイプ? ~ハラスメント加害者分析
自己愛型
自己愛-誇大妄想型
自己愛-徹底管理型
自己愛-被害妄想型
ストレス習慣型
楽観主義型
メンタル不全型
集団心理型



無料サービス

専門家に相談する

掲載メディア

日経ビジネスマネジメント

読売ウィークリー