みなこさんの体験談

<前略>

その後も何かあるとすべて私のせいにして責め立てました。学生や研修医、下級医師のいる前で人格すら否定され、陰で彼らを相手に1日に数時間私の悪口を言い続けていました。いつしか、私は学生と研修医も自分の人格を否定しているのではないかと考え怖くなってしまい、自分に自信がなくなり、一切指導をすることができなくなり、入院患者も外来患者も診察せず、自室にこもっていました。病院では一切笑わなくなってしまい、気分が悪くて昼食も食べられませんでした。休日も病棟患者を診に行かなくなりました。行くと対象者に「帰れ!」と怒鳴られるため、怖くて行けませんでした。

医局の同僚は誰も助けてくれようとしませんでした、というよりは対象者が怖くて逆らえず、助けられない状況であったことと、所詮は他人事だからどうでもよかったのだと思います。もし、私に手を差し伸べれば自分も私と同じ状態に陥れられることを危惧していたのでしょう。人間なんて薄情なものです。医局長さえも、悪いのは怒られたらすくみ上がる私の態度だと言い、助けてくれませんでした。

そして、私は悩み、誰にも相談できず、うまく行かないのはすべて自分のせいであり、自分は生きている価値のない人間であると思うようになり、ついに自殺することも考え始めました。外部の病院の精神科を受診したところ、軽いうつ病と診断されました。

そして、自宅では休みの日も外出もせず、医局の飲み会にも出かけず、毎日ネットサーフィンをして自殺サイトやうつ病、いじめのサイトを覗いたりするようになりました。

12月の中旬のある日、いつものように帰宅し、ネットサーフィンをしていたとき、偶然いじめのサイトを見ていたときに、パワーハラスメントを検索していたら、「職場のモラル・ハラスメント対策室」にアクセスすることができました。その中には、自分と同様に職場でのいじめにあい、立ち直った人の体験談があり、ハラスメントの定義に現在の自分の状況が当てはまることに気づき、勇気を出して、電話での相談を決意しました。このままでは、自分は精神的におかしくなり、自分の人生が台無しになる危険を感じていたので、わらにもすがる思いでした。

相談の結果、明らかなパワハラに相当するとのことで、てっとり早く解決したければ、院内のハラスメント委員会に訴えることを勧められました。しかし、それでは向こうを処罰すると同時に自分も医局にいられなくなってしまう危険性があったため、訴えることはできませんでした。自分は大学院生という立場があったため、研究が終わるまではそれだけは避けたかったのです。

選択肢は「自分で自分を変えること」しかありませんでしたが、石井先生が本気でメンタルトレーニングに取り組めば、電話指導でも十分に効果は見込めるとおっしゃって下さったので、早速トレーニングを開始してみることにしました。

集中コースの費用を振り込むとすぐに、メンタルトレーニングのためのツールや資料が宅配便で届きました。

はじめは実はメンタルトレーニング自体半信半疑な部分がありました。普通のカウンセリングみたいな感じなのかと思っていたら全然異なったものでした。

<中略>

石井先生、本当にありがとうございました。実際にお会いしたのは、学会で東京に出張したとき1度だけでしたが、電話だけでこれだけ回復できるとは思いもしませんでした。今、初回相談から数ヶ月が経っていますが、全く手も震えなくなり、今までの自分に戻ったようです。医局内も明るくなりました。あのとき、先生のホームページを見る機会がなかったら、自分はどうなっていたのだろうと考えると非常に恐ろしいです。

医者は病気の人を救う手助けをする職業ですが、先生の仕事は、私達のような人の人生、心を救う仕事だと思いました。

私たち医師は、どうしても、いじめなどが原因で心因性に患者さんが体調不良を訴えたときにすぐに内服薬を処方してしまい、それに頼ってしまいますが、先生の理論のほうがはるかに生理的で、患者さんの体にとっても健康的であると思い、感服いたしました。

ホルモンのバランスを「自分の力」で正常化することで、体内や心理状態を整えるというメンタルトレーニング法は、患者を薬漬けにしてしまいがちな私たち医師が忘れている大切なことを思い出させてくれました。世の中にモラハラで、うつ状態になりかけているような方がたくさんいらっしゃると思いますが、そのような方は先生のトレーニングを受ける気力がなくなってしまう前にぜひ受講されることを願っています。

 

詳しくは「ハラスメントからの脱出」体験談(無料小冊子)をご覧ください。

関連記事

  1. ひかりさんの体験談

  2. たかおさんの体験談

  3. 脱出コーチングを受けた方の声(抜粋)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。