医師や看護師の離職や休職を予防し、皆が成長できる病棟づくりのために

最新版パワー・ハラスメントの定義2012

2012年1月、厚生労働省のワーキンググループが、職場の嫌がらせ・いじめについての討議を行い、パワー・ハラスメントの定義を提言しました。

それによると、パワー・ハラスメントの定義は次のようなものです。

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。

そして、パワーハラスメントに該当する行為として、次の6つをあげています。

  1. 暴行・傷害(身体的な攻撃)
  2. 脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
  3. 隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
  4. 業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)
  5. 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)
  6. 私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)

これまで、パワー・ハラスメントというと、役職というパワーを背景に、周りから見てもひどいと思えるような「怒鳴る・なじる」などの個人攻撃を行うことという理解が一般的でした。

今回、これまでパワーハラスメントとは考えづからった3・4・5・6のような行為でも、しっかりパワーハラスメントと定義したことに、一定の評価ができると思います。

また、パワーハラスメントが、上司(職権)に基づくものだけでなく、人間関係や業務知識、ノウハウといったものから生まれる「力関係」に基づいたものであっても、それはパワー・ハラスメントに該当すると定義したことも、評価できるでしょう。

ただ、ワーキンググループのメンバーは、学者や弁護士、企業コンサルタント、労務専門家であり、パワーハラスメントを、主として、企業のコンプライアンス問題・法律問題として捉えている側面が強く、もっと被害者の心の問題、メカニズムに焦点を当てても良かったと思います。

一般論として、「ハラスメントは辛い」とは書いてありますが、何で辛いのか?については、ほとんど書かれていませんし、その乗り越えかたについても、全く書かれていないのは残念です。