辛いモラハラの客観的理解と解決策

ハラッサーは変わるのか?

本人が強く望めば、変わる可能性はあります。

1066例えば、離婚や別居を突きつけるなどして、本人が反省し、できることは何でもやると誓った場合などです。ポイントは、本人が「心から本当に変わろう、変わらなければならない」と決意できるかです。

その覚悟があれば、タイプ別のトレーニングをしっかり重ねていけば、十分に変わる可能性はありますので、それに賭けてみることは、損ではありません。

しかし大事なことは、相手が変わることを望む場合、同時に、あなたも変わらなければいけないということです。

なぜなら、相手が変わろうと努力していても、ある日突然、「黒が白になる」わけではありません。人が本当の意味で変わるには、黒から徐々に白になるものです

だからこそ、本当に相手が変わる努力していたといても、もしあなたが、その途中で、相手が垣間見せた「黒い部分」に感情的に反応してしまったら、本人が変わるチャンスをつむいでしまうことになってしまいます。

ですから、あなたも努力しなければいけないのです。

「悪意なきモラル・ハラスメント」の克服には、お互いに努力することが求められます。

>> ハラッサーを変えるには?



お申し込み"

日経ビジネスマネジメント

読売ウィークリー