辛いモラハラの客観的理解と解決策

ハラッサーを変えるには?

本人が望めば、モラル・ハラスメントを改善できるようになる可能性はあります。

そのために必要なのは、本人のタイプにあった地道なトレーニングです。管理人の考えでは、トレーニングは、タイプによって下記のようになります。

左脳鈍感型 このタイプは、自分の考えや信条、合理性などに重きを置くために、他者の気持ちに鈍感なのが特徴です。鈍感型を変えるには、他者の気持ちや感情に意識を向けるトレーニングを地道にやる必要があります。
気分型 このタイプは、イライラやストレスがたまると、「人やものにあたる」という習慣を身につけてしまっているのが特徴です。自分の気分やストレスをコントロールするトレーニングによって、かなりハラスメント行動はおさまります。
自己愛型 このタイプは、深く根付いた「自己愛」という性格から、他者の感情がわからない、興味がないのが特徴です。極度の自己愛形を変えるのは、不可能ですが、軽い自己愛であれば、左脳鈍感型と同じく、地道に他者の気持ちや感情に意識を向けるトレーニングで、改善する可能性があります。
メンタル不全型 このタイプは、なんらかの神経的・精神的な不全から、感情が不安定になり、急にあがったり、下がったりを繰り返します。

トレーニングよりも、まずは精神科・心療内科への受診が基本であり、トレーニングを併用することで、より効果は高まるでしょう。

モラハラ改善コーチングでは、モラハラを指摘されたひとが、自発的に問題行動を修正する努力をお手伝いいたします。



お申し込み"

日経ビジネスマネジメント

読売ウィークリー